コンデンサ

マルチレイヤーセラミックコンデンサの需要拡大と製造メーカーの変化②

2018年7月に行ったJ-Chipユーザー会で配られた資料「J-Chipユーザー会2018年 電子部品の供給逼迫とその対策」の中から「マルチレイヤーセラミックコンデンサの需要拡大と製造メーカーの変化」について一部をご紹介させていただきます。

前回、「マルチレイヤーセラミックコンデンサの需要拡大と製造メーカーの変化①」にて、過去と2017年のセラコンの売上とシェアの推移を比較しました。

そのことによって、マルチレイヤーセラミックコンデンサ製品が実際にどれくらい不足していたのかというのを推測してみました。

2017年に市場の30%程度の供給が出来ていないと考えると¥8,617億×0.3=約¥2,580億で、この量は、村田製作所の売上の88%にもなります。

2017年MLCCメーカー別売金額シェア(¥億)

世界市場規模:¥8,617億


引用:J-Chipユーザー会2018年 電子部品の供給逼迫とその対策

EOL・代替品が気軽に1品番からご依頼が可能にかんたん調査依頼

お客様のEOL対策業務時間の確保と短縮のために、お気軽にご利用ください。

詳細はこちら>

EOL調査、メーカー情報や評価情報等、詳しい情報については、お問い合わせください。

設計段階から徹底できるEOL対策

カタログ情報という客観的データからEOL(End Of Life/生産中止)情報を割り出し、代替品調査、推奨部品選定支援まで総合的なサポートが可能です。
設計段階から徹底できるEOL対策をご用意いたしました。もちろん個々のサービス提供もお気軽にご相談ください。

設計段階から徹底できるEOL対策

EOL調査サービス

近い将来EOLになる部品を早期発見しご報告する事で、お客様のEOL対策業務時間の確保と短縮、及びロスコストの削減に貢献いたします。
大手セットメーカ40社以上へのサービス実績があり、お客様から合計20万点以上のデータをお預かりし毎月2万点以上調査しています。

EOL調査サービス

代替品調査サービス

お客様から部品リストをお預かりし、部品知識豊富なソーシングエンジニアが代替品DBを活用しながら、
①EOL対策、②BCP対策、③CD対策、④標準化
の用途に合った精度で代替候補品を提案いたします。

代替品調査サービス