ロジックIC

業界動向

近年、製品の小型化や長期間動作のための低消費電力化が進み、また、回路上ではキーデバイスといわれるCPUやメモリの低電圧化が先行して進んだ結果、回路上に複数の電圧が混在した状態になっています。

汎用ロジックICについても、こうした状況に対応すべく低電圧化、低消費電力化、小型化が進められており、特に小型化については、従来の4個入り標準からゲート数を1個、2個と少なくして小型化をすすめたワンゲート製品が多く製造されるようになっています。

国内メーカ

海外メーカ

設計段階から徹底できるEOL対策

カタログ情報という客観的データからEOL(End Of Life/生産中止)情報を割り出し、代替品調査、推奨部品選定支援まで総合的なサポートが可能です。
設計段階から徹底できるEOL対策をご用意いたしました。もちろん個々のサービス提供もお気軽にご相談ください。

設計段階から徹底できるEOL対策

EOL調査サービス

近い将来EOLになる部品を早期発見しご報告する事で、お客様のEOL対策業務時間の確保と短縮、及びロスコストの削減に貢献いたします。
大手セットメーカ40社以上へのサービス実績があり、お客様から合計20万点以上のデータをお預かりし毎月2万点以上調査しています。

EOL調査サービス

代替品調査サービス

お客様から部品リストをお預かりし、部品知識豊富なソーシングエンジニアが代替品DBを活用しながら、
①EOL対策、②BCP対策、③CD対策、④標準化
の用途に合った精度で代替候補品を提案いたします。

代替品調査サービス