水晶振動子・発振器

EOL・代替品が気軽に1品番からご依頼が可能にかんたん調査依頼

お客様のEOL対策業務時間の確保と短縮のために、お気軽にご利用ください。

詳細はこちら>

2019年度 水晶振動子・発振器など、水晶デバイス製品市場シェア調査①

J-Chipが特定顧客向けに作成した資料「2019年度水晶関連製品市場シェア調査」の中から、今回は水晶製品市場シェア調査と、国籍別売上金額シェア比較をピックアップしました。

先ずは「水晶デバイス製品市場シェア調査」についてです。

2018年 水晶デバイス製品メーカー別売上金額シェア(¥億)

  • 上位4社は全て日系メーカーであるが10年前と比較するとシェアを落としている。
  • 5位以下に台湾・欧米・中国メーカーが位置している。特にCEC PANDAが躍進している。

引用:J-Chip資料「2019年度水晶関連製品市場シェア調査」

品種別情報・水晶振動子・発振器 設計段階から徹底できるEOL対策・代替品調査 電子部品市場シェア調査

水晶振動子・発振器についてのメーカー情報や評価情報等、詳しい情報については、お問い合わせください。

日系メーカーの衰退、アジアメーカーの拡大に対応して、新たなパートナーとなり得るメーカー開拓が必要な時期にきていると言えます。

その為の代替品調査やメーカー事前調査・監査等に苦労されているメーカー様もいらっしゃるようです。

弊社では、これらお客様のお困り事の一部を”業務代行支援” させて頂いております。

今回の案件事例では、下記がその代表です。

代替品調査

具体的に、エプソン製品と同等仕様の製品を”ご希望するメーカーにて代替調査”致します。

詳細仕様等の要件はお客様のご希望に従います。

代替品調査サービス 詳しくはこちら(PDF)

電子部品信頼性評価試験支援

水晶振動子・発振器など、水晶デバイス製品の信頼性評価試験資料提供と、その説明を行います。

ご要望により、具体的な評価も外部機関と提携して行います。

メーカー情報提供・開拓支援

水晶振動子・発振器など、水晶デバイス製品メーカー売上金額グラフで伏字のメーカー他の総合評価結果情報を提供致します。その他

お客様にて検討予定のメーカー調査を行います。

水晶製品メーカーQCDD総合評価

水晶振動子・発振器の代替品、EOL調査等、詳しい情報については、お問い合わせください。

設計段階から徹底できるEOL対策

カタログ情報という客観的データからEOL(End Of Life/生産中止)情報を割り出し、代替品調査、推奨部品選定支援まで総合的なサポートが可能です。
設計段階から徹底できるEOL対策をご用意いたしました。もちろん個々のサービス提供もお気軽にご相談ください。

設計段階から徹底できるEOL対策

EOL調査サービス

近い将来EOLになる部品を早期発見しご報告する事で、お客様のEOL対策業務時間の確保と短縮、及びロスコストの削減に貢献いたします。
大手セットメーカ40社以上へのサービス実績があり、お客様から合計20万点以上のデータをお預かりし毎月2万点以上調査しています。

EOL調査サービス

代替品調査サービス

お客様から部品リストをお預かりし、部品知識豊富なソーシングエンジニアが代替品DBを活用しながら、
①EOL対策、②BCP対策、③CD対策、④標準化
の用途に合った精度で代替候補品を提案いたします。

代替品調査サービス