業界動向

EOL・代替品が気軽に1品番からご依頼が可能にかんたん調査依頼

お客様のEOL対策業務時間の確保と短縮のために、お気軽にご利用ください。

詳細はこちら>

業界動向NEWS 2019年10月度

ここ最近の間で、社内で注目、共有された電子部品/半導体業界のNEWSをご紹介させていただきます。

Diodes社がLite-on semiconductor(台湾)を買収

2019年8月にDiodes社は、台湾のLite-on semiconductor社を買収する事で合意したと発表しました。

これまで2012年にBCD semiconductor社を、2018年にはPericom社を買収し、売上を拡大成長してきました。

今回の買収で、より成長を目指すとの事です。

近年、他社と同様で拡大が見込まれる自動運転・電気自動車関連の製品販売を拡大させています。

今回の買収は、そのための生産キャパと販売網拡大が主な目的になります。

以下、今回の買収要点です。

  • 2025年までに売上U$2.5Bを目指す(2018年売上U$1.2Bの2.1倍
  • アジアで生産されるDiodes社とLite-on semiconductor社製品をワールドワイドのチャンネルで供給出来る
  • 前工程と後工程生産能力の増加による内部柔軟性向上で、コスト低減が可能となる

2019年以後、企業M&Aが再び増加しています。

InfineonによるCyressの買収や東芝メモリによるLite-onのSSD事業買収
などがその代表です。

Diodes社については、今後の動向が注目されます。

Lite-on semiconductor


台湾のライトオングループの企業。

グループにはEMS事業を手掛ける企業もあり、それらに半導体製品を供給している。

  • 設立:1990年
  • 本社:台湾台北
  • 生産工場:台湾新竹、中国上海、無錫
  • 資本金:NT$3,385M(¥94.5億)
  • 売上:¥236億(2018年)
  • 製品:ディスクリート半導体・パワーマネージメント半導体・センサー製品・ウェハーファンドリー
  • HP:http://www.liteon-semi.com/

Diodes Incorporated to Acquire Lite-On Semiconductor Corporation
設計段階から徹底できるEOL対策・代替品調査

メーカー情報や評価情報等、詳しい情報については、お問い合わせください。

設計段階から徹底できるEOL対策

カタログ情報という客観的データからEOL(End Of Life/生産中止)情報を割り出し、代替品調査、推奨部品選定支援まで総合的なサポートが可能です。
設計段階から徹底できるEOL対策をご用意いたしました。もちろん個々のサービス提供もお気軽にご相談ください。

設計段階から徹底できるEOL対策

EOL調査サービス

近い将来EOLになる部品を早期発見しご報告する事で、お客様のEOL対策業務時間の確保と短縮、及びロスコストの削減に貢献いたします。
大手セットメーカ40社以上へのサービス実績があり、お客様から合計20万点以上のデータをお預かりし毎月2万点以上調査しています。

EOL調査サービス

代替品調査サービス

お客様から部品リストをお預かりし、部品知識豊富なソーシングエンジニアが代替品DBを活用しながら、
①EOL対策、②BCP対策、③CD対策、④標準化
の用途に合った精度で代替候補品を提案いたします。

代替品調査サービス