業界動向

EOL・代替品が気軽に1品番からご依頼が可能にかんたん調査依頼

お客様のEOL対策業務時間の確保と短縮のために、お気軽にご利用ください。

詳細はこちら>

マレーシア部品メーカー動向調査報告⑤Formosa Prosonic社 クラン工業団地

昨今、中国リスク(賃金高騰・関税問題等)が騒がれていますが、その回避策としてマレーシアは受け皿になるのか?という事で、2019年6月に実際にマレーシアを訪問し実地調査を行ってきました。

各種の情報、動向が得られましたのでその一部をご紹介させていただきます。

Formosa Prosonic

Formosa Prosonic社の母体は台湾で設立され、現在はクラン工業団地に本社工場を移転し活動しています。

扱う製品はスピーカー・モールド成型品・電子ピアノ委託生産等です。

同社のMr. Yow siew weiと面談し、セランゴール・クラン地区の業界動向のヒアリングを行いました。

ローランド電子ピアノ展示

営業担当のMr.Yow

Formosa Prosonic社の経営状況

現在の大手顧客は順に、ローランド・SONY・Panasonicの3社になります。

売上のピークは2012年のU$278Mで、以後、日系AV家電メーカーの衰退のため売上は減少しています。

対策

空いたラインの一部を工場ごとローランドに貸与し、スピーカーとモールド成型品及び、木製ユニット品を委託生産しています。

これにより、運送費を大幅に節約することが出来ました。

またプラスチック成型工場は、業界、製品を問わず受注する事で2016年より売上は回復しています。

更に、工員の年齢制限を25歳までと改定し、これにより工員の平均賃金はRM1500(約¥40,000/月)に設定しました。

この金額は、セランゴール地区としては安い値になります。

セランゴール・クラン地区の業界動向

日系家電メーカーの一部は同地域より撤退していますが、それら跡地に欧米メーカーが既に進出しているため、大きな影響はありません。

また某日系メーカーのAV機器製造工場では、AV機器の製造はやめて白物家電製造に切り替えています。

X 社のペナン工場はクローズ予定であり、セランゴール工場に集約予定であると聞いています。

クラン地区にはマレーシア最大の港湾設備があり、セランゴール地区で製造された
製品を輸出し、また。海外からの製品・電子部品等を輸入しています。

マレーシアの平均工員賃金

セランゴール地区にて、工場ラインワーカーの工賃は¥45,000~50,000となっています。

この値は中国深圳の平均値¥55,000~60,000と比較すると、2割程度安い値になっています。

中国リスクの回避対策としてマレーシアに生産移管している日系企業が増加してきているのが頷けます。

Prosonicd社 売上推移

工場全景・ローランド工場

セランゴール・クラン地区でのポイント

  • 同地域は社会インフラは確立し治安も良い。英語で意思疎通ができる利点がある。
  • 工賃平均¥45,000~50,000であり中国より安い。中国からの生産移管が徐々に増加している。

設計段階から徹底できるEOL対策・代替品調査

マレーシア部品メーカーについてのメーカー情報や評価情報等、詳しい情報については、お問い合わせください。

設計段階から徹底できるEOL対策

カタログ情報という客観的データからEOL(End Of Life/生産中止)情報を割り出し、代替品調査、推奨部品選定支援まで総合的なサポートが可能です。
設計段階から徹底できるEOL対策をご用意いたしました。もちろん個々のサービス提供もお気軽にご相談ください。

設計段階から徹底できるEOL対策

EOL調査サービス

近い将来EOLになる部品を早期発見しご報告する事で、お客様のEOL対策業務時間の確保と短縮、及びロスコストの削減に貢献いたします。
大手セットメーカ40社以上へのサービス実績があり、お客様から合計20万点以上のデータをお預かりし毎月2万点以上調査しています。

EOL調査サービス

代替品調査サービス

お客様から部品リストをお預かりし、部品知識豊富なソーシングエンジニアが代替品DBを活用しながら、
①EOL対策、②BCP対策、③CD対策、④標準化
の用途に合った精度で代替候補品を提案いたします。

代替品調査サービス