業界動向

EOL・代替品が気軽に1品番からご依頼が可能にかんたん調査依頼

お客様のEOL対策業務時間の確保と短縮のために、お気軽にご利用ください。

詳細はこちら>

マレーシア部品メーカー動向調査報告④セランゴール地区調査報告

昨今、中国リスク(賃金高騰・関税問題等)が騒がれていますが、その回避策としてマレーシアは受け皿になるのか?という事で、2019年6月に実際にマレーシアを訪問し実地調査を行ってきました。

各種の情報、動向が得られましたのでその一部をご紹介させていただきます。

セランゴール地区調査報告

首都であるクアラルンプールの名前は、ある程度日本でも知名度は高いかと思います。

その知名度が上がったのは1975年に発生した連合赤軍事件かと思います。

それから約半世紀が経過した今日、首都は大都会へと発展しました。

その郊外には、いくつかの工業団地があり多くの日系企業が進出しています。

しかし、日系家電メーカーの多くは賃金高騰のため生産拠点を中国・ベトナム等へ移管しています。

ところが、2016年以後はその中国の賃金高騰や米国関税問題の対策として、マレーシアに生産拠点を移管する企業も幾つか出てきています。

セランゴール地区の最大の利点は、空港・港湾に近くかつ治安が良い点です。

そして、中国・ペトナムとの最大の相違は言語です。

マレー語が共通言語ですが、小学校から”英会話教育“が徹底しているため、英語での意思疎通が基本的には可能です。

通訳を介せずに、仕事が出来るという事です。

マレーシアの産業地域と人口(2019年)クアラルンプール周辺の工業団地

クアラルンプール中心部状況

首都であるクアラルンプール中心部は大都会と言えます。

その交通渋滞は、隣国タイと同様で大きな問題です。

対策として待望の地下鉄が2017年に完成しましたが、渋滞緩和に大きな効果があるとは正直言えない状況にあります。

中心街には多くの日系企業(ユニクロ・他飲食店)や欧米ブライド店が進出しており、ここは日本かと思う程です。

この20年で商業地区については、先進国入りしていると言えます。

クアラルンプールの街

設計段階から徹底できるEOL対策

カタログ情報という客観的データからEOL(End Of Life/生産中止)情報を割り出し、代替品調査、推奨部品選定支援まで総合的なサポートが可能です。
設計段階から徹底できるEOL対策をご用意いたしました。もちろん個々のサービス提供もお気軽にご相談ください。

設計段階から徹底できるEOL対策

EOL調査サービス

近い将来EOLになる部品を早期発見しご報告する事で、お客様のEOL対策業務時間の確保と短縮、及びロスコストの削減に貢献いたします。
大手セットメーカ40社以上へのサービス実績があり、お客様から合計20万点以上のデータをお預かりし毎月2万点以上調査しています。

EOL調査サービス

代替品調査サービス

お客様から部品リストをお預かりし、部品知識豊富なソーシングエンジニアが代替品DBを活用しながら、
①EOL対策、②BCP対策、③CD対策、④標準化
の用途に合った精度で代替候補品を提案いたします。

代替品調査サービス