業界動向

EOL・代替品が気軽に1品番からご依頼が可能にかんたん調査依頼

お客様のEOL対策業務時間の確保と短縮のために、お気軽にご利用ください。

詳細はこちら>

マレーシア部品メーカー動向調査報告③Ikatek社(電子部品代理店)ペナン地区

昨今、中国リスク(賃金高騰・関税問題等)が騒がれていますが、その回避策としてマレーシアは受け皿になるのか?という事で、2019年6月に実際にマレーシアを訪問し実地調査を行ってきました。

各種の情報、動向が得られましたのでその一部をご紹介させていただきます。

Ikatech(電子部品代理店)

ペナン島を拠点として活動する電子部品代理店であるIkatech社のMr. Jack Yang(社長)、Mr. David(元課員)の二名と面談し、ペナン島及びマレーシア全体の業界動向のヒアリングを行いました。

Ikatech社の経営状況

顧客大手は、SONY・Panasonic・Sharpなどの日系家電メーカーのためピーク売上の60%まで落ちています。

対策として、課員リストラ・新規部材販売へとシフトしていますが、なかなか売上拡幅には至っていません。

Ikatech社 企業情報抜粋

マレーシア・ペナン業界動向

マレーシア経済全体としては景気は上向きです。

マハティール首相が復帰して中国依存から脱却・汚職払拭が出来た事がその要因で。

ペナン経済は、欧米半導体メーカーが好調のため、出張者・商談・監査増加等により好調です。

今後の方針

今後、負荷価値の高い製品(RFID・無線モジュール・CPU)の拡販を進めて行く予定です。特に、CPU製品については某メーカーのスマートホンでも採用が決定しており、他社向けでも販売を狙いたいです。

ペナン地区でのポイント

  • 欧米半導体・PC周辺機器メーカーが終結しており、東南アジアの重要拠点と位置付け活動を展開中
  • 新ブリッヂの開通により労働力を確保、同時に経済は活性化

設計段階から徹底できるEOL対策・代替品調査

マレーシア部品メーカーについてのメーカー情報や評価情報等、詳しい情報については、お問い合わせください。

設計段階から徹底できるEOL対策

カタログ情報という客観的データからEOL(End Of Life/生産中止)情報を割り出し、代替品調査、推奨部品選定支援まで総合的なサポートが可能です。
設計段階から徹底できるEOL対策をご用意いたしました。もちろん個々のサービス提供もお気軽にご相談ください。

設計段階から徹底できるEOL対策

EOL調査サービス

近い将来EOLになる部品を早期発見しご報告する事で、お客様のEOL対策業務時間の確保と短縮、及びロスコストの削減に貢献いたします。
大手セットメーカ40社以上へのサービス実績があり、お客様から合計20万点以上のデータをお預かりし毎月2万点以上調査しています。

EOL調査サービス

代替品調査サービス

お客様から部品リストをお預かりし、部品知識豊富なソーシングエンジニアが代替品DBを活用しながら、
①EOL対策、②BCP対策、③CD対策、④標準化
の用途に合った精度で代替候補品を提案いたします。

代替品調査サービス