業界動向

EOL・代替品が気軽に1品番からご依頼が可能にかんたん調査依頼

お客様のEOL対策業務時間の確保と短縮のために、お気軽にご利用ください。

詳細はこちら>

2019年 半導体シリコンの業界動向②(業界予測)

J-Chipのお客様向けに「半導体シリコンの業界動向」をまとめました。

今回は、その中から一部を抜粋して「売上金額シェア・メーカー動向」について記載させていただきます。

半導体シリコンの業界予測

近年、供促な需要拡大により半導体製品の納期遅延や価格高騰などが発生しています。

その要因の一つが、シリコンの製品逼迫です。

①ウエハサイズ予測

300mmサイズ製品は増産できますが、200mm/150mm については・・・・・。

②価格予測

メーカーにより、価格変動には差異が有ります。

しかし、ある程度のロジックが存在していると言えます。

300mmサイズでは、・・・・・。

③納期/デリバリーについて

2019年末までは、逼迫による納期遅延は続くと予測しています。

特にパワー半導体ではその傾向が強く、2020年・・・・・。

④米中貿易摩擦の影響

これまで二桁成長してきた半導体製品業界の売上は、2019年~2020年の間で減少すると予想しています。

というのも、中国内での海外輸出向けの生産が減少し、5G特需がなくなってしまうという事が考えられます。

しかし2021年以後は、中国は一層のメモリーを中心とした半導体内製化を進めて海外からの輸出を抑制すると予想され、半導体シリコン業界はまた、活況を取り戻すと予測されます。

⑤まとめ

現在、半導体シリコンメーカーは大手数社の独占状況であるが・・・・・。

※一部伏字にさせて頂いております。内容をご所望の場合は下記よりお問い合わせください。

設計段階から徹底できるEOL対策・代替品調査

半導体シリコンについてのメーカー情報や評価情報等、詳しい情報については、お問い合わせください。

設計段階から徹底できるEOL対策

カタログ情報という客観的データからEOL(End Of Life/生産中止)情報を割り出し、代替品調査、推奨部品選定支援まで総合的なサポートが可能です。
設計段階から徹底できるEOL対策をご用意いたしました。もちろん個々のサービス提供もお気軽にご相談ください。

設計段階から徹底できるEOL対策

EOL調査サービス

近い将来EOLになる部品を早期発見しご報告する事で、お客様のEOL対策業務時間の確保と短縮、及びロスコストの削減に貢献いたします。
大手セットメーカ40社以上へのサービス実績があり、お客様から合計20万点以上のデータをお預かりし毎月2万点以上調査しています。

EOL調査サービス

代替品調査サービス

お客様から部品リストをお預かりし、部品知識豊富なソーシングエンジニアが代替品DBを活用しながら、
①EOL対策、②BCP対策、③CD対策、④標準化
の用途に合った精度で代替候補品を提案いたします。

代替品調査サービス