業界動向

業界動向NEWS 2018年10・11月度

ここ最近の間で、社内で注目、共有された電子部品/半導体業界のNEWSをご紹介させていただきます。

西沢潤一さん死去

1950年に「pinダイオード」という素子を開発し、「ミスター半導体」と呼ばれていた西沢潤一さんが10月21日に92歳でお亡くなりになりました。

残念ながらノーベル賞は取られていませんが、電子工学の世界的な権威ある方です。

04年には「西沢潤一メダル」を創設し、後輩の育成にも力を入れてきました。

今後は、西沢さんの意思を引き継いだ方々の活躍に期待したいですね。

お悔やみ申し上げます。

村田製作所、MLCC増産。新生産棟建設

村田製作所は積層セラミックコンデンサーの生産能力増強のため、中国の生産子会社「無錫村田電子有限公司」にて新生産棟を建設すると発表しました。

2019年12月の完成を予定しています。

この建物の完成で、積層セラミックコンデンサー需要のどれくらいをカバーできるのか気になるところです。

また最近、スマホ市場の飽和でスマホの販売が減速するのでは?とも言われています。

上記の村田製作所の新工場の建設の話もありますし、実際にスマホの需要が減ってくれば2020年以降は、MLCC不足は解消されるのでしょうか?

今後の動向が気になるところです。

EOL・代替品が気軽に1品番からご依頼が可能にかんたん調査依頼

お客様のEOL対策業務時間の確保と短縮のために、お気軽にご利用ください。

詳細はこちら>

EOL調査、メーカー情報や評価情報等、詳しい情報については、お問い合わせください。

設計段階から徹底できるEOL対策

カタログ情報という客観的データからEOL(End Of Life/生産中止)情報を割り出し、代替品調査、推奨部品選定支援まで総合的なサポートが可能です。
設計段階から徹底できるEOL対策をご用意いたしました。もちろん個々のサービス提供もお気軽にご相談ください。

設計段階から徹底できるEOL対策

EOL調査サービス

近い将来EOLになる部品を早期発見しご報告する事で、お客様のEOL対策業務時間の確保と短縮、及びロスコストの削減に貢献いたします。
大手セットメーカ40社以上へのサービス実績があり、お客様から合計20万点以上のデータをお預かりし毎月2万点以上調査しています。

EOL調査サービス

代替品調査サービス

お客様から部品リストをお預かりし、部品知識豊富なソーシングエンジニアが代替品DBを活用しながら、
①EOL対策、②BCP対策、③CD対策、④標準化
の用途に合った精度で代替候補品を提案いたします。

代替品調査サービス