EOL対策・代替品調査

電子部品/半導体の環境変化とEOLの増加の課題と対策③

電子部品/半導体の環境変化とEOLの増加の課題と対策②にて、EOL発生時についての課題についてお話ししましたが、EOL発生時の影響における負担を抑えるにはどうしたらいいのでしょうか?

今回は、EOLが発生する前に企業が出来る対策を見ていきます。

 

①EOL以前にEOLになりそうな部品を予測する

EOLになる部品は、一世代前の部品だったり、そもそも売れない部品、もうからない部品など、部品メーカーにとってマイナスの要因が大きい部品です。

メーカーにとってマイナス要因の大きい部品は、人知れずカタログから外されていきます。

カタログ落ちした部品の多くは、将来的にEOLになります。

弊社の調査結果では、品種によってはカタログ落ち部品の95%が2年以内にEOLになっています。

弊社では、毎月2万点以上の部品の調査を行っており、その中でEOLやカタログ落ちの部品が、平均20%程度存在します。
部品の調達データに関して、定期的、継続的にメーカーのカタログと照合させルことによって、近い将来にEOLになる部品を早期発見することが可能で、実際にEOLが発生する前に対策を立てることが可能になります。
EOL調査サービス

②推奨部品を見直す

推奨部品をトレンドや他社動向に合わせて見直していくことで、推奨部品の鮮度を高めて、EO対策における予防策を講じることが可能です。

ただ、社内での推奨部品の見直しは、大きな工数がかかってしまう場合があります。

J-Chipはそんな推奨部品の見直しに関してもサービスとして対応しております。

社内で手間のかかる業務を外注することで、御社内でのEOL対策業務時間の短縮、また、ロスコストの削減につながります。
代替品調査、EOL調査他サービス一覧

②EOL以前にEOLになりそうな部品の代替品を探す

弊社の調査結果では、カタログ落ち部品の95%が2年以内にEOLになっています。

EOL調査によって部品のカタログ落ちが早期にわかれば、約2年の猶予があるという事になります。

2年という時間があれば代替品調査や評価を行い、設計を変更することも可能になります。

J-Chipでは、お客様の目的(EOL対策、コストダウン対策、BCP対策)に合わせて代替品調査を行います。

分類 緊急性 コスト 仕様互換性 生産地域
CD代替部品調査
CD代替部品調査
BCP代替部品調査

EOL代替品調査例

この様にEOLが発生する前に対策を講じていくことで、社内でのEOL対策業務にかける時間の短縮と不必要なロスコストを削減することが可能です。

J-Chipは、大手セットメーカー40社以上へのサービス実績があり、お客様から合計20万点以上のデータをお預かりし、毎月2万点以上調査しています。

各メーカーの様々な部品を調査しているので、社内の調査だけでは知りえなかった情報を提供することが可能です。

先ずは、お気軽にご相談ください。

EOL・代替品が気軽に1品番からご依頼が可能にかんたん調査依頼

お客様のEOL対策業務時間の確保と短縮のために、お気軽にご利用ください。

詳細はこちら>
各電子部品のメーカー情報や評価情報等、詳しい情報については、お問い合わせください。

 

設計段階から徹底できるEOL対策

カタログ情報という客観的データからEOL(End Of Life/生産中止)情報を割り出し、代替品調査、推奨部品選定支援まで総合的なサポートが可能です。
設計段階から徹底できるEOL対策をご用意いたしました。もちろん個々のサービス提供もお気軽にご相談ください。

設計段階から徹底できるEOL対策

EOL調査サービス

近い将来EOLになる部品を早期発見しご報告する事で、お客様のEOL対策業務時間の確保と短縮、及びロスコストの削減に貢献いたします。
大手セットメーカ40社以上へのサービス実績があり、お客様から合計20万点以上のデータをお預かりし毎月2万点以上調査しています。

EOL調査サービス

代替品調査サービス

お客様から部品リストをお預かりし、部品知識豊富なソーシングエンジニアが代替品DBを活用しながら、
①EOL対策、②BCP対策、③CD対策、④標準化
の用途に合った精度で代替候補品を提案いたします。

代替品調査サービス