業界動向

SiCパワー半導体の市場シェア・動向調査

次世代パワー半導体として期待されているSiC製品ですが、2025年に市場規模はUS$2,500Mに達するとも予測されています。

SiCパワー半導体製品の中で、大きく拡大しているのはSiCショットキーバリアダイオード(以下SiC SBDと記載)です。

近年、次世代パワー半導体の価格が低下した事もあり、急速に製品採用が拡大しています。

SiC SBDの特徴

  • 低損失/高速動作が可能であり、スイッチング機器に最適である。
  • Si素子と同サイズで600V以上の高耐圧を実現できる。

以上の様に、市場拡大の背景より半導体メーカー各社での開発競争とM&A・提携が加速しています。

ここで近年のSiC製品製造メーカーの動向を下記にまとめてみました。

SiC製品製造メーカーの動向

メーカー 2018年以後の投資金額 提携企業
Cree ¥1,100億 Wolfspeed・ABB提携
ST micro ¥200億 SiCrystal・Norstel・Cree・GWC提携
Infineon ¥500億 Siltectra買収、Cree提携
ローム ¥600億 SiCrystal買収
ON semi ¥300億 Fairchild買収
昭和電工 ¥450億 トヨタ・デンソー提携

この分野では、欧米メーカーのポジションが高い事がわかります。

日系メーカーでは、ローム・昭和電工が積極的な活動しています。

ここで、2019年時点でのSiC製品の市場シェアを推測してみました。

2019年 SiC製品メーカー別売上シェア推測(¥億)

2019年 SiC製品メーカー別売上シェア推測(¥億)

※弊社推測: SiC製品(MOSFET/SBD/MODULE他)

近年、世界全体として地球温暖化対策が叫ばれており、CO2削減は喫緊の課題です。

その対策として、化石燃料から再生化エネルギーへの移行は必然と言えます。

その手段として太陽光発電や風力発電が世界的に拡大しており、それらの機器にてSiC製品の採用が拡大すると予測されます。

また、同様にEV(電気自動車)も市場は急速拡大しており、SiC製品の採用が拡大しています。

電子部品市場シェア調査

SiCパワー半導体についてのメーカー情報や評価情報等、詳しい情報については、お問い合わせください。

設計段階から徹底できるEOL対策

カタログ情報という客観的データからEOL(End Of Life/生産中止)情報を割り出し、代替品調査、推奨部品選定支援まで総合的なサポートが可能です。
設計段階から徹底できるEOL対策をご用意いたしました。もちろん個々のサービス提供もお気軽にご相談ください。

設計段階から徹底できるEOL対策

EOL調査サービス

近い将来EOLになる部品を早期発見しご報告する事で、お客様のEOL対策業務時間の確保と短縮、及びロスコストの削減に貢献いたします。
大手セットメーカ40社以上へのサービス実績があり、お客様から合計20万点以上のデータをお預かりし毎月2万点以上調査しています。

EOL調査サービス

代替品調査サービス

お客様から部品リストをお預かりし、部品知識豊富なソーシングエンジニアが代替品DBを活用しながら、
①EOL対策、②BCP対策、③CD対策、④標準化
の用途に合った精度で代替候補品を提案いたします。

代替品調査サービス