設計段階から徹底できるEOL対策パッケージ

HOME  >  設計段階から徹底できるEOL対策パッケージ

カタログ落ちした製品の95%は、2年以内に生産中止に

カタログ情報という客観的データからEOL(End Of Life/生産中止)情報を割り出し、代替品調査、推奨部品選定支援までEOL対策を総合的にサポートするサービスです。EOL情報や推奨部品情報は、図研等システムベンダーが提供するPDM(製品データマネジメント)システムと連携させ、電子設計エンジニアが常時参照でき、EOL対策を各設計工程でも徹底させるなどの特長も持ちます。

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 国内電子部品のEOLが急増、現状のスタッフでは電子部品情報の鮮度維持が難しい。
  • コスト競争の激化により、アジア系メーカの電子部品を採用する必要が出てきた。
  • 長期メンテナンス製品のため、ライフサイクルの長い部品を採用し、在庫コストを圧縮したい。
  • 電子部品のEOLに起因するFDA・消防法などの法規制に対する再申請は避けたい。

カタログ落ち情報とは?

カタログ落ち情報とは、部品メーカーが拡販を控えるため、EOL通知前にHP上のカタログから街頭部品の掲載を中止したことを示す情報。
追跡調査した結果、採用から2年以内に95%の部品がEOLになっていた。

カタログ落ち情報とは?

対応策が増加!

  1. EOL通知後に、所要計画に基づきラストバイ
  2. 設計変更を実施
  3. リリース済みの機種は廃盤、新ラインナップをリリース

設計段階から徹底できるEOL対策パッケージ

EOL対策サービスは、大きく三つのサービスをご提供しています。

①EOL調査

お客様の調達リストをお預かりし、部品知識豊富なシルバーエンジニアが定期的/継続的に部品メーカのカタログと照合することにより、近い将来EOLになる部品を早期発見し、お客様のEOL対策業務時間の確保と短縮、及びロスコストの削減に貢献いたします。

EOL調査サービス

②代替品調査

経験豊富な元設計者のシルバーエンジニアが2万点の調査済み代替品情報を基に代替品調査を行います。

代替品調査サービス

③推奨部品品揃え支援

調査対象部品に対して、スペック・パッケージ・回路の特徴からトレンドを割出し、お客様にあわせた推奨部品品揃えを進めていきます。

推奨部品品揃え支援

EOL対策サービスが選ばれる理由

EOL対策を総合的にサポート

カタログ情報という客観的データからEOL(End Of Life/生産中止)情報を割り出し、代替品調査、推奨部品選定支援まで総合的なサポートが可能です。

豊富な実績

OA機器メーカを中心に50社を超える電機メーカ・自動車関連メーカ・産業機器メーカと幅広いお客様にサービスをご活用いただいております。

J-CHIPのお客様一覧

低コストでの高品質運用

費用対効果の高い経験豊富な元設計者のシルバーエンジニアが作業する事で低コストで高品質のデータを提供いたします。

シルバーエンジニア人材センター

サービス開始までの流れ

お問い合わせ
専用フォームより必要事項を入力してください。お急ぎの場合は、お電話ください。

ヒアリング
担当営業がお客様のご要望・ご用件の詳細をお伺いします。
要件定義
エンジニアがお客様の要望を基にし、サービス提供に必要な要件をヒアリングさせていただきます。
ご提案・お見積り
ヒアリング内容に基づき、サービス内容・見積等のご提案をいたします。
ご契約
保守サービス契約書の締結をいたします。

部品検索

約20万点の部品情報からEOL情報・代替品情報をお探しいただけます。

※検索できない場合は、部品品番の末尾を削除すると検索できる場合がございます。
例)2SA1234TR-AZ ⇒ 2SA1234

一括調査/個別調査依頼

BOM等部品リスト全体の一括調査や部品検索でヒットしない部品の個別調査・代替品調査などの個別見積をいたします。

※代替品調査など少数スポットでの作業につきましても、部品点数は1部品から対応いたしております。

※実施可能作業)EOL調査・代替品調査・データクレンジング等