オペアンプ

HOME  >  オペアンプ

業界動向

オペアンプは、微小信号の増幅や信号の加工に使用される集積回路です。オペアンプは、高精度、低雑音、高速・広帯域、低電圧・低消費電力などの性能が求められます。ところが、全てを満足する製品の実現は困難なため、アプリケーションによって使用するタイプが決められます。例えば、携帯機器には低電圧・低消費電力タイプが使用されますが速度・帯域の性能は良くありません。また、オペアンプには電圧帰還型と電流帰還型の2種類の内部回路構成があります。従来の電圧帰還型では高速化に限界があり、数十MHz以上に対応したオペアンプでは電流帰還型が主流になっています。

国内メーカ

海外メーカ

部品検索

約20万点の部品情報からEOL情報・代替品情報をお探しいただけます。

※検索できない場合は、部品品番の末尾を削除すると検索できる場合がございます。
例)2SA1234TR-AZ ⇒ 2SA1234

一括調査/個別調査依頼

BOM等部品リスト全体の一括調査や部品検索でヒットしない部品の個別調査・代替品調査などの個別見積をいたします。

※代替品調査など少数スポットでの作業につきましても、部品点数は1部品から対応いたしております。

※実施可能作業)EOL調査・代替品調査・データクレンジング等