セラミックコンデンサ

HOME  >  セラミックコンデンサ

業界動向

セラミックコンデンサは大きく分けて2種類に分類される。温度補償タイプは温度変化が小さいが誘電率が低いため大容量化に向いておらず、高誘電率タイプは誘電率が高いため、大容量が得られるが温度による容量変化が大きい短所がある。セラミックコンデンサも機器の小型化に対応ニーズの高まりから、チップサイズは0402サイズの量産化が進みだし、スペースと部品点数の削減に伴い、小型大容量品の需要も多くなっている。その他、自動車用についても、高温度範囲品や中耐圧品の製品化が進んできている。

国内メーカ

海外メーカ

部品検索

約20万点の部品情報からEOL情報・代替品情報をお探しいただけます。

※検索できない場合は、部品品番の末尾を削除すると検索できる場合がございます。
例)2SA1234TR-AZ ⇒ 2SA1234

一括調査/個別調査依頼

BOM等部品リスト全体の一括調査や部品検索でヒットしない部品の個別調査・代替品調査などの個別見積をいたします。

※代替品調査など少数スポットでの作業につきましても、部品点数は1部品から対応いたしております。

※実施可能作業)EOL調査・代替品調査・データクレンジング等